忍者ブログ

日々是好日、ランRUN日和

かつては、サブスリーランナーとして幾多のレースを駆け抜けてきました。 怪我をして、一歩引いたところに身を置いたとき、新しい走りの楽しみを見つけに行きたくなりました。 日々是好日(ひびこれこうじつ)。 毎日が最良の日になりますように!

2018/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08

2018年4月15日(日)


・・・・


AM 8:30


降りしきる雨の中、

号砲と同時に、長野マラソンがスタートしました。


・・・・・・


さて、

長野マラソンのスタート順は、オフィシャルでは公開されていないようですが、

「過去3年間のベストタイム」

と、

「このレースの目標タイム」

で、

ブロック分けされていますので、


俗説では、


「サブスリー」のベストラップで、「目標タイムがサブスリー」が、一般の部の最前列になるようです。

もちろん私も、「3年前」のサブスリーラップで、今年も「サブスリー」目標でエントリーしたので、一般では最前列ブロックからのスタートができました。


・・・・が、


やはり、1万1千人以上のエントリーでスタートする長野マラソンでは、スタート直後は大混乱で、思うように走ることはできませんでした。

が、

私にとっては、

これで、十分。

慣らし運転で、駆けていくのでした。


・・・・・


さて、

今日はガチの「サブスリー」狙いではないので、最初の混雑も「アップ替わり」と思えば、余裕すらありました。

ちなみに、

今日は手に付けた、「GPSウォッチ」は、「一度も見ないつもり」でしたので、

最初の「ゆったりしたラップ」も、「それ以降のラップ」も一切知る由はありませんでした。


・・・・・・


5km通過


時計は見ませんでしたが、路上のデカい電光掲示板に、

「20分59秒」

の文字が表示・・・


見るつもりはなかったものの、見えちゃったものはしょうがない。


とりあえず、滑り出しは悪くないようでした。


・・・・・・


10km通過。

「まずはリズムを作る」

そう、

時計は一切見ないでゴールするつもりでしたので、「ペース」より「リズム」を大事にして走って行きました。

・・・・・

11km・・・12km・・・

通過する距離は伸びていきますが、

依然として降りしきる雨・・・

ですが、

去年のような「灼熱地獄」に比べれば、本当に快適でした。

・・・・・

15km通過

まだまだ元気でした。

去年は、暑さから「この辺り」から、歩いていたような気もしますが、今年は何とか走って行くことができました。

しかし、右足の小指に鋭い痛みが走るようになり、何らかの異変が起きたようですが、

「まあ、この程度の痛みで指がとれるわけじゃないし、我慢我慢・・・」

で、進んでいきました。


・・・・・・


20km通過


・・・・・あとちょっとで、ハーフだ!

おととしは強風で苦しんで、ハーフ通過直後に歩いたんだっけ・・・

去年は、暑さで「過呼吸」になって、序盤から歩き、ハーフ過ぎには「見知らぬ若いママ」に解放されたんだっけ・・・・・


・・・で、


そんないわくつきのハーフを通過


・・・そのタイムは・・・


・・・・???


でもまあ、


今日はタイムじゃない!

先ずは歩かず完走が目標だー!

頑張るぞー!!



・・・・・・と、



そう思った矢先の22km地点

あまりの寒さでトイレに行きたくなり、近くの簡易トイレに駆け込みました。

ロスタイムは30秒ほどでしょうか。

急いで用を足したらすぐに戦線に復帰。

ロスはしましたが、その分少しだけ軽くなった体で、完走目指して駆けていきました。



・・・・・・



で、

なんとか25kmを通過・・・


ここから足はどんどんと重くなり・・・スタートから降り続く雨と風の寒さで、太ももは硬直するような感じがしました・・・・

疲労も重なり、ペースはどんどん低下。

俗にいう「30kmの壁」どころか、「25kmの壁」が目の前に立ちはだかり、「歩きたい」と「歩いちゃダメ!」の葛藤が続くのでした。




・・・・・・



30km通過

ここからが正念場になってきました。

限界になったと感じ、「歩きたい」という弱い気持ちが湧いてくる。

その一方で、

目標達成に向けて「歩かない」という強いモチベーションもある。

そんな二つの葛藤に強く揺さぶられながら進んでいきました。


しかし、


やはり走り込みが足らなかったせいでしょう、脚はどんどん重くなり、ペースは更にガクンと落ちた気がしました。

もちろん時計は見ていませんから、具体的にどの程度に落ちたかはわかりませんが、体感的にはキロ5分ぐらいで走っている感じがしていました。

そして、終始続く雨風よりも疲労感のほうが圧倒的につらく、その先にある「ふたこぶラクダ」と呼ばれる、ふたつのアップダウンを駆け上がる時も、駆け下りる時にも、脚が悲鳴を上げ続けました。


・・・・・


そんな「ふたこぶラクダ」を乗り越えると、川沿いの堤防道路に入っていきました。

天気予報の通り「春の嵐」の風が強まる中、川沿いでは更に風は強くなり、細かい雨を体に吹き付けてくると、体感温度的にはは氷点下の中を走っているようでした。


・・・・・・・


35km通過


先ほど来た川を橋で渡り、先ほどとは逆方向に川沿いを又、駆けていきました。

すると、

強風は「向かい風」となって体に吹き付け、前に進もうとする体を押さえつけ始めました。

・・・

周りのランナーも苦しそうな感じです。

そう、

苦しいのは俺だけじゃない。

歩かず完走まであと一歩だ!

そう思い、進んでいきますが、もうどんなペースになっているかもわからない。

もう、歩くスピードになっているんじゃないかと思うほどのペースで進んでいきました。


・・・・・


39km通過


カーブを曲がり、走る方角が変わると、ようやく突風地獄から解放され、残りの距離も3kmとなり、歩きたいという気持ちはみじんもなくなりました。




40km通過

ラスト2km・・・

あとちょっとでゴール・・・

そう、思ったのがいけなかったのか、脚はゴールしたと勘違いし、走ることを拒絶し始めました。

ふくらはぎは、「足つり」の予兆のように、ビクン、ビクンと細かいけいれんを起こし、無理をすると、走行不能になりそうな感じがしていました。

ので、

今できる、限界ぎりぎりのラインで走行し、ラスト2kmをだましだましで、走っていきました。



ラスト1km地点

「目の前のゴールがこんなに遠いのか」

と、思えるほどの距離感でした。

ただもう、どう見えようと「1kmは、1km」と考え、

「あと5分ほどの我慢比べだ」

そう思って進んでいきました。



42km地点

ここは、ゴールのあるスタジアムの入口地点、後は芝生のグラウンドを195m進むだけ。

余力ゼロ

ダッシュもできない

ただただ、周りの声援に背中を押されて、ゴールゲートを目指しました。


・・・・


ゴール!



もう、歩くことすらできないと思うくらい、全てを出し切りました。

予定通り、一度も歩くことなく「完走」を果たすことができました。

記録用のチップを外し、完走メダルをかけてもらい、最後にフィニッシャーズタオルをかけてもらうと、暖かなタオルに何とも言えない安堵感を感じ、何だか込み上げてくるものがありました。




完走タイム 3時間4分9秒


これは、直近3年でのベストタイムでした。

ちなみにタイムはただの「結果」ですから、今日はそんな結果よりも諦めなかった「プロセス」に満足できました。

後でタイムを確認すると、風に苦しめられた終盤の走りも、頭で思っていたほど遅いペースになっておらず、それなりに踏ん張ることができていました。




前日に急遽相棒になってくれた、「アディゼロ匠 REN」にも感謝です。

サンキュー!




おかげで、いい結果が得られたよ。



・・・・・・・・



さて、


スピード

持久力

根性


どれをとっても、まだまだ足らないものばかりですが、それぞれを少しづつ積み上げれば、もう一度「あの世界」を見ることができるような気がしてきました。

ただ、

ここからの4分10秒は、容易に乗り越えられない大きな壁であることも知っています。

とにかく今回は、「この日の諦めない気持ち」を手に入れましたので、次はこれを自信に代えて、5月の「野辺山100km」のスタートラインに立ちたいと思っています。


最後に、時計から拾ったリザルトです。









寒くて、辛くて、苦しかった42.195km

でも、

諦めずに、耐え抜いて、感動した42.195km


まだまだチャレンジは続きます。




本日のラン 長野マラソン リザルト3時間4分9秒

拍手[17回]

PR

ナイスレース!

完走狙いでスタートして、終わってみればこの3年でのベストでゴールとは、まさに次のステージへの布石になるレースになりましたね。

風雨と低温で過酷な状況であったと思いますけど、そこは日ごろの鍛錬の結果が出ましたね。

それにしても、本番直前にシューズ購入とは(笑)

結果的に匠レンはベストなチョイスになったんですね。

野辺山へ、いい感じで入れますね。お疲れさまでした。
by ヨッシー URL 2018/04/17(Tue)11:10:24 編集

Re:ナイスレース!

ヨッシーさん、ありがとうございました。

結果については、現状の走力、練習内容、どこから判断しても上出来の結果だったと思っていますので、「まぐれ」に近いものだと受け止めています。

ただそれでも、野辺山に向かううえで、多少なりの自信になったのも事実ですので、5月は奮戦してきたいと思います。

ちなみに今回は直前のシューズ購入になったわけですが、私の場合は靴の鮮度が最も高いところでレースに臨みたいので、レースシューズはほとんど事前の履き慣らしをしないので、前日購入も1週間前でも大差ないんですよw

加えて、RENは3足目の購入ですからね。安心の度合いが違いました。
2018/04/17 14:11
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

忍者カウンター

プロフィール

HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
花の昭和47年生まれのアル中&メタボ中年が、何を血迷ったのか38歳からランニングを開始!
40歳でサブスリーを達成すると、42歳でフルマラソン2時間48分台を記録。
ランナーズのフルマラソン全日本ランキングのベスト100に掲載されると、有頂天もMAXに。
だが、
それが災いしたのか、その後は故障の連続。
ストレス解消のために走ったはずが、走れば走るほどにストレスに!?
サブスリー時代のブログを閉じて、新天地にやってきました。
毎日が、「日々是好日」。
ランRUN日和になりますように!

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 10 11 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[07/19 りょうま]
[07/17 ヨッシー]
[06/27 りょうま]
[06/27 みち]
[06/26 ヨッシー]

ブログ内検索

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 日々是好日、ランRUN日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]